京町家に学ぶ快適生活の知恵 厳しい京都の環境の中で工夫された京町家、だから快適に過ごせる

京都は夏蒸し暑く、冬冷え込む厳しい環境の土地です。
そんな京都で、自然と共存しながら快適に暮らす工夫から生み出されたのが京町家です。

京町家には、その情緒たっぷりの見栄えだけでなく、現代の住宅にも活かせる快適生活の知恵が凝縮されています。

京町家の日本の四季を考えた一年を通じた快適な暮らし 自然を取り入れる快適生活「開ける⇔閉める」の考え方

「開ける」「閉める」を工夫する考え方で、自然と共存する生活を

日本には四季があります。

快適な暮らしを考えたときに、『一年を通じて快適であること』が大切です。
快適に過ごすキーワードが「開ける」「閉める」を工夫するという考え方です。

現代の日本では、冷暖房がありますので、冬場と夏場、日中と夜中は、「閉める」ことで快適に過ごすことができます。

春と秋、朝夕は、「開ける」ことでを快適に過ごすことができます。

現代の住宅は、機密性と断熱性を高めることで快適性が高められましたが、反面、自然を遮ってしまうという傾向があります。

昔は冷房がなかったので、「夏場は風を通したい」また「季節の良いときは自然と共存したい」という、「開ける」ことで快適に過ごすという考え方がありました。

例えば、京町家では、日射を避け、北側に窓を置くという工夫がされていました。北側なので熱が入りにくいので暑くないが、暗い。そこで天窓、高窓を設置して光を取り入れるといった工夫がされていました。

現代の住宅に置き換えてみれば、ガラス・サッシを開け閉めすることで断熱性を高める、風通しを良くするという考え方。

また、雨戸やシャッターを開け閉めしたり、ルーバーで日射をコントロールするといった、密閉性と開放性を両立するという考え方が、

無理なく自然に快適に過ごすことにつながると思います。

このような京町家などの古来の家屋の知恵をとりいれることで、少ないエネルギーで、冬はより暖かく、夏はより涼しくといった、冷暖房の効率化が図れます。

これは、住む人にとっても、周りの社会にとっても、地球環境にも優しいことですよね。

では、京町家の知恵がどれだけすごいのか?ひとつひとつ紹介していきたいと思います。

京町家の軒・ひさし 夏と冬の日射角度の違いを活かして快適生活

夏の日差しは、角度高く上の方から、冬の日差しは、角度低く斜め方向から部屋の中に差し込みます。

その日射角度の違いを考慮して、快適に過ごせるようにした工夫が日本家屋や京町家に古来からある軒です。

夏は日差しが部屋に入らないようにして、暑さをやわらげる、冬は日差しを部屋に取り込むことで暖かく過ごせます。

現代の住宅は軒が浅い家、また、ほとんどない家もありますので、夏は直接日差しが入り込んできます。

また、軒がないことで、雨が直接まどから入ってきやすくなります。

そこでひさしを窓の取り付けることで軒のない家でも、夏の日差しを和らげ、雨が直接部屋に入ってくることもありません。

京町家のすだれ 日射は、部屋の中ではなく、部屋の外で防ぐことがポイント

夏は暑く、窓から直射日光が入ってきます。そんなときには、遮熱性能の高いガラスに入れ替えることが考えられます。

夏はそれで良いですが、冬は取り入れて熱に使いたい太陽光を遮ってしまいます。

それを考慮すると、南側の部屋などは、遮熱高断熱ガラスではなく、一般の複層ガラス、もしくは、高断熱複層ガラスを使ったほうがベターです。

では夏の暑い日差しはどうするのか?・・・日本古来からの日射対策として、京町家でもよく見かけるすだれがあります。

すだれがあることで、夏の日差しを和らげ、部屋の温度の上昇を和らげてくれ、涼しく過ごすことができます。

そのすだれの日射効果の秘密は、「部屋の外側にある」ということです。

現代の日射対策として、ブラインドや、カーテンなどが一般的に知られていますが、ブラインドやカーテンは部屋の中にあります。

本当は、部屋の中に日差しが入り込んでいる時点で時すでに遅しなのです。なぜなら、部屋の中に日射が差し込み、一旦上昇した温度を、部屋の中で下げるのはとても大変なのです。

ですから日射対策は、窓の外でやる必要があります。すだれを考えた昔の日本人の知恵は凄いですね。

そんなすだれの変わりになる現代の窓アイテムが、エコアマド、外部に使われるシェードです。

それらのアイテムは、窓の外側に設置するので夏の日差しを和らげてくれます。

エコアマドは、通常の雨戸と違って、可変式のルーバーがついていますので、軒やひさしと同じように、夏の日射は遮ってくれて、光は部屋に取り入れることができます。

>> エコアマド 販売ページはこちら

京町家の縁側・広縁 外側の窓と内側の障子の間の空間が断熱効果を生む

日本家屋、京町家でも、縁側・広縁というものがあります。テレビなんかで良く見かける情景、猫が昼寝をしているところですね。

余談ですが、二尺、三尺までのものを縁側、四尺以上のものを広縁というそうです。

縁側には廊下を挟んで二重の建具があり、その中間の空間の空気が温度の緩衝スペースをつくります。

縁側の表と内側の建具を閉じることで、冬場の防寒効果があります。また、開けることで風を通し、熱を逃がすことができます。

現在の住宅には縁側のある住宅は少なくなってきています。

そのかわり、内窓や二重構造のサッシを取り付けたり、窓ガラスを2枚のガラスを使った複層ガラスにすることによって、縁側の効果をつくることができます。

>> 内窓 販売ページはこちら

>> サッシ 販売ページはこちら

>> ガラス 販売ページはこちら

京町家の庭・濡れ縁 季節の情緒を感じる感性と、コミュニティを育む場

家屋の外側に持ち出した縁側のことを濡れ縁といいます。昔の人は、夏なんかはそこで夕涼みしたり、庭など外の風景を楽しんだり。

また、近所の人と会話したり、お茶したりする場として使ったり、昔の日本には地域のコミュニティというものがありました。

現代の日本では、核家族化が進み、隣の方を知らないということも珍しいことではなくなっています。

外の景色を眺める静かな時間というものもとることは無くなってきたのかなとも思います。

そんな現代だからこそ、地域の方と何気ない会話をしたり、部屋の外の景色や空をゆっくり眺める時間をあえて取るというのも豊かなことではないでしょうか?

現代の濡れ縁に変わるアイテムにウッドデッキがあります。そこに座ってゆっくりするも良し、テーブルセットを置いてお茶をするのも良し、

ガーデンバーベキューをするもよし。工夫次第で心も身体もより豊かな暮らしが待っているかもしれませんね。

京町家の格子 通りからの目隠しをしながらも光を取り入れ部屋を明るく

京町家の象徴ともいえる格子。

その美しさとはうらはらに、元々は乱世の時代に自衛のためという防犯目的で設けられたそうです。

防犯効果だけでなく、外からは部屋の中が見えないという目隠しの効果や、日の光や風を取り入れ、部屋を明るく、風通し良くするという機能も備えています。

現代では、エコアマドや、セーフティールーバー、面格子といったアイテムが格子の変わりになるアイテムです。

エコアマドやセーフティールーバーは、可変ルーバー付きなので、閉めた状態でも部屋に光と風を取り入れ快適に過ごすことができます。

>> エコアマド 販売ページはこちら

※ このページの京町家画像は株式会社八清様のご好意により祇園の新道さくら庵にて撮影させていただきました。

お問い合わせ フリーコール

お困りになっていること、わからないことなど、当サイトまでお気軽にご連絡ください。お客様の意に沿わない迷惑な商品の営業は一切いたしませんのでご安心ください。

フリーコール 0800-080-1402

お問合せ受付時間:平日 9:00〜19:00 休業日:日曜、祝日、第2・3土曜

>> メールでのお問い合わせはこちら

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品キーワードを入力

処理時間: 0.005秒

商品購入はこちら

処理時間: 0.014秒

処理時間: 0.040秒