室内防音ドアの導入事例 滋賀県近江八幡市 O様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て・木造2階建て 築年数:3年

廊下に室内防音ドア新設

【取り付け商品・工事価格】

室内防音ドア ランマ付き(クリエアイボリー 横木目)
室内防音ドア寸法:W752㎜×H2030㎜
設置場所(廊下)の寸法:幅765㎜×高さ2500㎜
¥260,000(税込)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

施工前
施工前
↓
室内防音ドア&ランマ(防音ガラス)施工後
室内防音ドア&ランマ(防音ガラス)施工後

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【設置の動機&お客様のご要望】

自宅の仕事部屋のドアが引戸なので、生活音が筒抜けだったそうです。
※引戸は構造上、音が抜けやすい特性があります。

仕事部屋の引戸
仕事部屋の引戸

仕事部屋で仕事をする際に、お子さん(2、4、6才)の声や走り回る音で仕事に集中できないとのことでした。

防音対策として、お客様ご自身で、仕事部屋の前の廊下に突っ張り棒でカーテンを取り付けてみられたそうですが、効果は全く感じられなかったそうです。

廊下にカーテン
廊下にカーテンを取り付けられましたが…

【弊社からの提案意図】

防音対策として、

  1. 仕事部屋の引戸を防音ドアに変えるか、
  2. 廊下に新しく防音ドアを設置するか、

ご検討いただき、

普段お子様のいらっしゃるお部屋から仕事部屋までの廊下に一つドアを増やすことで、より効果が得られる方法を提案いたしました。

廊下の床から天井までの高さが2,500㎜あり、室内防音ドアの製作寸法をオーバーしていました。

そこで上部はランマを設置することに。

ランマ部には、型板ガラス(厚み12.5㎜)の防音合わせガラスを採用しました。

ランマ(防音ガラス)施工中
ランマ(防音ガラス)施工中
↓
ランマ(防音ガラス)施工後
ランマ(防音ガラス)施工後

なので、防音効果を実感できる上に、廊下の明かりはそのまま取り入れることができます。

ランマではなく、壁をつくるとなると、コストもかかり過ぎてしまうため、低コストでご要望にお応えできる方法を提案いたしました。

廊下の下地(壁にビスが効く所)が無い場所に防音ドアを設置するため、吊元側に下地材を固定し下地補強をしました。

室内防音ドア下地枠施工中
室内防音ドア下地枠施工中
↓
室内防音ドア下地枠施工後
室内防音ドア下地枠施工後

【お客様の感想・アンケート】

本日は予定通り防音ドアを施工いただきまして、ありがとうございました。
早速効果が出ているのを実感しております。

依頼して本当に良かったです。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

【お問い合わせから工事・入金まで】

2018.6/14:電話にてお問合せ
6/19:現地調査
6/22:見積書のご案内
7/3:ご注文依頼
7/10:工事契約・ご入金
7/10~:部材手配&事前加工
8/2:工事

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ