内窓プラストの導入事例 京都府宇治市 Y様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て リビング 2箇所

【取り付け商品】

掃き出し窓①

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

プラストNT型 アイボリーホワイト + 防音合わせガラス12.8mm [透明]

W1,599mm×H2,003mm 242,440円(税込・標準施工費込)
※オプション代は別途かかります。

掃き出し窓②

施工前透明ガラス
施工前 [透明ガラス]
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス型板ガラス施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス [型板ガラス] 施工後

プラストNT型 アイボリーホワイト + 防音合わせガラス12.8mm [型板ガラス]

W1,650mm×H2,003mm 246,070円(税込・標準施工費込)
※オプション代は別途かかります。

施工風景
施工風景

【施工前のお悩み・弊社からの提案意図】

ご自宅の前が、交通量の多い道路に面しており、「特に通勤や帰宅時間帯の車やバイクの騒音に悩んでいる。」とお問合せをいただきました。

現地調査へお伺いしたとき、道路に面している掃き出し窓のシャッターを常に下ろされていました。

そのことについて確認すると、「道路に面しているので、家の中が見えるのもイヤだから。」とおっしゃっていました。

施工前(シャッターを下ろした状態)
施工前(シャッターを下ろした状態)

【弊社からの提案・意図】

防音性の高い、プラストと防音合わせガラス12.8mmを提案いたしました。

道路に面している掃き出し窓の防音合わせガラスは、外からの視界をさえぎれる型板ガラス [上記「掃き出し窓②」の写真ご参照] を提案いたしました。

【お客様の感想】

施工前に、「防音の窓は重い印象なので、老後、開閉が大変なのでは?」と心配されていましたが、施工後すぐに開閉チェックされ、「思っていたより重くなく、良かったです。」とおっしゃられていました。

防音については、「今、車が通り過ぎたのに気が付かなかったです」とおっしゃっていただき、施工スタッフ一同大変うれしい気持ちになりました。

また、常にシャッターを下ろされていた窓も、型板ガラスで外からの視線も気にならなくなり、シャッターを上げて明るい陽射しを取り込めるようになり、喜んでいただけました。

【お問合せから工事までのフロー】

2019年
8/21:TELにてお問合せ
8/22:概算見積書ご案内
8/27:現地調査
9/7:ご契約書送付
9/11:ご入金
9/30:工事

室内防音ドアDIYキットの導入事例 東京都調布市 T様邸(施工・仕上げ編)

この導入事例は、2編に分かれております。まずは、採寸・お見積もり編をご覧ください。

>> 採寸・お見積もり編はこちら

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て

【取り付け商品】

室内防音ドア

室内防音ドア DIY施工後
室内防音ドア DIY施工後

W790mm×H1786mm

オーダーメイド室内防音ドアDIYキット 150,000円(税込・送料無料)
オプション部材:下枠アルミ部材・スペーサー各種 16,000円(税込・送料無料)
合計 166,000円(税込・送料無料)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【施工前のお悩み・弊社からの提案意図】

「戸建て住宅の半地下にある部屋の窓を全て、防音2重窓にしたいのと、地下への入口ドアを防音加工したいです」というお問合せをいただきました。

楽器を演奏されるそうで、他の部屋への騒音を軽減したい。とのことでした。

【施工の手順】

室内防音ドアDIY施工の手順 1.既存ドアの本体・丁番・戸当たりを取り外す。 2.下枠の段差をフラットにするために、オプションのアルミ部材を設置。 3.新規枠をはめる 4.ドアを吊る 5.開閉チェック
室内防音ドアDIY施工の手順

【仕上げ】

枠のビフォーアフター
枠の角のビフォーアフター

下枠は、段差があったため、オプションのアルミ部材を設置していただいて、仕上げに化粧材をかぶせていただきました。

下枠の仕上げ
下枠の仕上げ

既存枠の歪みによる隙間は、防音ドアの効果がなくなってしまうので、コーキング材を埋めていただきました。

隙間をコーキング材で埋める
隙間をコーキング材で埋める

完成です!

完成です!
完成です!

お客様とは、メールでやりとりをさせていただいたのですが、手順を1つ1つ理解していただき、とてもキレイな仕上がりで、弊社としましても大変うれしい気持ちになりました。

【作業終了後、お客様からいただいたご感想】

『結論から言うと、無事、自分なりにうまく取り付けられて大満足です!!

やはり家自体の立て付けが悪いので、わずかな隙間やレベルの狂いはありましたが、丁寧に作って頂いたおかげで、レベル調整用の板と、コーキング処理だけで難なく取り付けることができました。

音も予想していた通りの防音効果が得られました。

さすがに慣れない部分も多く雑に作ってしまったところもあるので汚いですが、写真も添付させて頂きます。

本当に素人の自分でも出来るとは思いませんでしたが、おかげさまです。

お手数おかけしましたが、本当にありがとうございます。』

【お問合せから工事までのフロー】

2019年
4/9:メールにてお問合せ(工事対応エリア外の為、DIYでの施工をご提案し、採寸や施工方法などメールにてやりとり)
5/17:お見積りご案内
5/18:ご注文
6/14:商品発送

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

室内防音ドアDIYの導入事例 東京都調布市 T様邸(採寸・お見積もり編)

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て

【取り付け商品】

室内防音ドアDIY

室内防音ドア DIY施工後
室内防音ドア DIY施工後

W790mm×H1786mm

オーダーメイド室内防音ドアDIYキット 150,000円(税込・送料無料)
オプション部材:下枠アルミ部材・スペーサー各種 16,000円(税込・送料無料)
合計 166,000円(税込・送料無料)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【施工前のお悩み・問題】

「戸建て住宅の半地下にある部屋の窓を全て、防音2重窓にしたいのと、地下への入口ドアを防音加工したいです」というお問合せをいただきました。

楽器を演奏されるそうで、「他の部屋への騒音を軽減したい。」とのことでした。

まずは、施工箇所の採寸をお願いし、写真も一緒にお送りいただきました。

施工前の既存ドア(外側&内側)
施工前の既存ドア(外側&内側)
ドア枠の四隅(お客様撮影)
ドア枠の四隅(お客様撮影)

枠に歪みがあるとのことでしたので、水平器を使って歪みの具合を細かく確認していただきました。

水平器で計測(お客様撮影)
水平器で計測(お客様撮影)
お客様からいただいた水平器の計測数値
お客様からいただいた水平器の計測数値

お客様からいただいた情報をもとに、納まりイメージ図【下図参照】を作成しご案内いたしました。

最小寸法(赤字)で、ドアを制作し、隙間(歪んでいる箇所)はコーキング材で埋めていただく旨をお伝え、ご理解いただいて、こちらの寸法でお見積もりをご案内しました。

お客様からいただいた寸法
お客様からいただいた寸法
弊社からの最終納まりイメージ図
弊社からの最終納まりイメージ図

>> 施工編へつづく

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

室内防音ドアの導入事例 滋賀県近江八幡市 O様邸

【お客様宅の構造・設置箇所】

一戸建て・木造2階建て 築年数:3年

廊下に室内防音ドア新設

【取り付け商品・工事価格】

室内防音ドア ランマ付き(クリエアイボリー 横木目)
室内防音ドア寸法:W752㎜×H2030㎜
設置場所(廊下)の寸法:幅765㎜×高さ2500㎜
¥260,000(税込)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

施工前
施工前
↓
室内防音ドア&ランマ(防音ガラス)施工後
室内防音ドア&ランマ(防音ガラス)施工後

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【設置の動機&お客様のご要望】

自宅の仕事部屋のドアが引戸なので、生活音が筒抜けだったそうです。
※引戸は構造上、音が抜けやすい特性があります。

仕事部屋の引戸
仕事部屋の引戸

仕事部屋で仕事をする際に、お子さん(2、4、6才)の声や走り回る音で仕事に集中できないとのことでした。

防音対策として、お客様ご自身で、仕事部屋の前の廊下に突っ張り棒でカーテンを取り付けてみられたそうですが、効果は全く感じられなかったそうです。

廊下にカーテン
廊下にカーテンを取り付けられましたが…

【弊社からの提案意図】

防音対策として、

  1. 仕事部屋の引戸を防音ドアに変えるか、
  2. 廊下に新しく防音ドアを設置するか、

ご検討いただき、

普段お子様のいらっしゃるお部屋から仕事部屋までの廊下に一つドアを増やすことで、より効果が得られる方法を提案いたしました。

廊下の床から天井までの高さが2,500㎜あり、室内防音ドアの製作寸法をオーバーしていました。

そこで上部はランマを設置することに。

ランマ部には、型板ガラス(厚み12.5㎜)の防音合わせガラスを採用しました。

ランマ(防音ガラス)施工中
ランマ(防音ガラス)施工中
↓
ランマ(防音ガラス)施工後
ランマ(防音ガラス)施工後

なので、防音効果を実感できる上に、廊下の明かりはそのまま取り入れることができます。

ランマではなく、壁をつくるとなると、コストもかかり過ぎてしまうため、低コストでご要望にお応えできる方法を提案いたしました。

廊下の下地(壁にビスが効く所)が無い場所に防音ドアを設置するため、吊元側に下地材を固定し下地補強をしました。

室内防音ドア下地枠施工中
室内防音ドア下地枠施工中
↓
室内防音ドア下地枠施工後
室内防音ドア下地枠施工後

【お客様の感想・アンケート】

本日は予定通り防音ドアを施工いただきまして、ありがとうございました。
早速効果が出ているのを実感しております。

依頼して本当に良かったです。
また機会がありましたら宜しくお願いします。

【お問い合わせから工事・入金まで】

2018.6/14:電話にてお問合せ
6/19:現地調査
6/22:見積書のご案内
7/3:ご注文依頼
7/10:工事契約・ご入金
7/10~:部材手配&事前加工
8/2:工事

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

室内防音ドア・引戸の導入事例 京都市 T様邸

【お宅の構造・設置箇所】

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【設置商品:防音ドア】

施工前の既存ドア(親子ドア)
↓
室内防音ドア&両サイド柱工事施工後
施工前の既存ドア(親子ドア)
↓
室内防音ドア&両サイド柱工事施工後

237,000円(税込)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【設置商品:防音引戸工事】

施工前の引き戸
↓
防音引戸(内窓プラスト+防音合せガラス12mm)施工後
施工前の引き戸
↓
防音引戸(内窓プラスト+防音合せガラス12mm)施工後

264,000円(税込)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【ご依頼の動機・お客様のご要望】

室内のドアと引戸の防音対策のご相談です。

中古マンションを購入し、リフォーム会社にリフォームを依頼したが、生活音の音漏れが気になり、同時に防音工事も相談したが、納得できる提案がされなかったそうです。

“防音扉”でネット検索をし、弊社のホームページを見つけられました。

ご要望は、

「リビングのTVの音や話し声が、隣の部屋によく聞こえるため、ストレスを感じているので、防音対策をしたい」

「既存引戸を開け閉めする際の音がうるさいので、防音対策したい」

とのことでした。

その他にも、寝室の引戸はリフォームで取り付けたばかり新品(色:ホワイト)で「もったいないので、洗面所の引戸(色:木目色)と交換したい。引戸枠もホワイトにしたい」とのご要望がありました。

【提案のポイント】

<音漏れの原因>

音漏れの原因は、既存のドア・引戸とも標準的な建具で、防音仕様ではなかったことです。

主にドア・引戸の隙間から出入りする隙間音とドア・引戸の本体を通り抜ける透過音が原因でした。

<弊社からの提案>

親子ドアは、防音ドアで設定がないため、片開きで枠の両サイドに柱を立てて、幅調整するプランを提案。

片引戸には、通常、窓に使用する防音性の高い内窓プラストを建具として使用。

ガラスの目隠しとして、ガラス面に枠と同系色の面材を貼り、内外の光がもれないように施工。

既存枠の内側に、内窓用に枠を設置し、2枚建ての障子を納めるが、障子の左右の勝手を通常パターンと逆パターンのメリット・デメリットを説明し、お客様と相談をしながら決定。

また、下枠に16mmの段差が付くので、段差緩和材を設置も提案。

【お客様アンケート】

1.ECO窓ファクトリーにお問い合わせいただいた理由は?

リビングから寝室への音漏れでストレスを感じたため、防音扉でネット検索したところ、 貴社のホームページを見つけたのがきっかけです。

2.電話受付&初回訪問の際のスタッフの印象は?

丁寧かつ親切に対応していただき、特に不満はありませんでした。

3.工事後の結果には満足されましたか?

 おかげさまでかなり騒音が減って満足しております。リビングからの音漏れはかなり減弱しました。引き戸のガラガラ音もほとんどなくなり大変満足しております。

4.ご友人・知人にご紹介頂けるとしたら、今回のどんなところがオススメですか?

打ち合わせ段階でいろんなオプションを提示して頂き、その説明がわかりやすかったこと。 工事がはやくて丁寧だったこと。

【お問合せ~工事まで】

2/7 電話でのお問合せ。

2/13 現地調査:工事対象の“片引き戸”と“親子ドア”の調査

2/16 見積書をメールで送付

2/19 お客様から工事ご依頼の回答:納まり・色・工期に関して、数度やりとり

3/4 最終プラン決定

3/7 契約:契約金(工事費用の半額)のご入金

4/15 工事

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

室内防音ドア工事の導入事例:長野県 ペンションA様

室内防音ドアの防音効果撮影動画

設置場所

室内防音ドア 設置箇所全景

室内防音ドア 設置箇所全景

2階建て木造ペンション 2階客室 5部屋

設置商品

室内防音ドア+沓摺(くつずり)特注品 × 5セット
カラー:LAA M/ クリアモカ
サイズ:W758〜811mm × H1786〜1791mm(各部屋ごとに若干サイズが異なります。)
価格:5セット合計130万円(施工費込・税込)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

リフォーム前

リフォーム前

↓
室内防音ドア リフォーム後(廊下側)

室内防音ドア リフォーム後(廊下側)

室内防音ドア リフォーム後(客室側)

室内防音ドア リフォーム後(客室側)

室内防音ドア リフォーム後

室内防音ドア リフォーム後

室内防音ドア リフォーム後

室内防音ドア リフォーム後

室内防音ドア 丁番部分

室内防音ドア 丁番部分

室内防音ドア 下枠部分

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

お客様の動機・要望

今までは客室にいると、廊下の話し声や、他の部屋のドアの開け閉めの音が室内に聞こえていたとのことで、防音対策の必要性を感じたそうです。

ドアも古くなっており新調したいと検討されていた際に、弊社のホームページを見つけていただいて、お問い合わせいただきました。

ECO窓ファクトリーからの施工のポイント

既存枠の歪みが多少あり、防音性を確保するために、ドア下枠の部材をオーダーメイドで対応したり、新規ドア枠の調整をしっかりと行った。

また、通常はオプションのドア錠を使用するが、宿泊施設であるため、安全性の高いシリンダー錠を特別に取り付け加工を行った。

シリンダー錠 設置後

シリンダー錠 設置後

既存枠と新規枠のバランスを考え化粧仕上げを行なった。

お客様のご感想

1. ECO窓ファクトリーにお問い合わせいただいた理由は?

数年前から室内の古いドアを全て新しいものにしたいという希望がありましたが工事にかかる費用や価格を考えると、なかなか前に進めずにおりました。

「室内防音ドア」の商品自体は知っていたものの、どこを探しても効果のほどがわからなかったのですが、エコ窓ファクトリーさんのHPで紹介している「導入事例&お客様の声」を見て、やってみよう、という気持ちになり背中を押されました。

2. 電話受付&初回訪問の際のスタッフの印象は?

どちらもとても丁寧で、好感が持てました。

3. 工事後の結果には満足されましたか?

はい、満足しております。

4. ご友人・知人にご紹介頂けるとしたら、今回のどんなところがオススメですか?

打ち合わせから工事終了まで、常に安心して任せられたこと。
大きな工事をせずに、短時間で施工していただけること。

5. その他ご意見がございましたら、お願いします。

工事に至るまでの間、こちらの意見や多くの質問に、常に丁寧で迅速な対応をしていただきました。
コスペックさんは、いろいろが親切で早かった!この対応の早さはコスペックさんの強みですね。
ありがとうございます。大変お世話になりました。

お問合せ~ご注文までの流れ

10月中旬 お問い合わせ
10月中旬 お客様から寸法と画像を送っていただく
10月下旬 概算見積もり送付
11月30日 現地調査
12月5日 最終見積もり送付
1月7日 契約
2月1日、2日 工事

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

内窓プラスト・まどまどの導入事例 兵庫県三田市 K様邸

内窓まどまどの導入事例:川の堰堤(えんてい)の防音対策

防音内窓工事のご相談はECO窓ファクトリーへ

【お客様宅の構造・設置箇所】

マンション 和室&リビング

【取り付け商品・価格】

和室:プラスト(内窓)+防音合わせガラス12.8mm

施工前
施工前
↓
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後
内窓プラスト&防音合わせガラス 施工後

W1612mm×H1811mm
¥230,000(税込)
※オプション代は別途かかります。

リビング:まどまど3枚建て+ラミシャット35 10.8mm

施工前
施工前
↓
内窓まどまど&防音ガラスラミシャット 施工後
内窓まどまど&防音ガラスラミシャット 施工後

W2494mm×H1809mm
¥296,000(税込)
※オプション代は別途かかります。

合計¥526,000(税込)

防音内窓工事のご相談はECO窓ファクトリーへ

【施工前のお悩み・問題】

ご自宅マンション前のちょうど真下ぐらいに川の堰堤(えんてい)〖川の流れを緩やかにするための堤防〗があり、「その音が気になる」とのお問合せをいただきました。

マンション前の川の堰堤(えんてい)
マンション前の川の堰堤(えんてい)

【弊社からの提案意図】

☆リビングの内窓は、フローリングの色味(ダークブラウン)と合わせたいとのご希望でしたので、まどまど(AGC)の“ヨーロピアンオーク”を提案し、

和室には、防音効果の高いプラスト(大信工業)の“檜”を提案いたしました。

内窓カラーサンプル

☆リビングの窓が3枚建ての窓で、ベランダへの出入りが主に中央の窓からだそうです。かつ、クレセントがロングタイプでした。(わかりやすいようにクレセントを強調して表記しております。)

既存サッシ断面図
既存サッシ断面図

ですので、出入りの使い勝手を重視し、クレセントも内窓に干渉しないように考慮し、寸法出しを行いました。

お客様のご希望・ご意見もいただいた結果、【A3連窓右フィックスタイプ】に決定いたしました。

内窓まどまどパターンプラン
内窓まどまどパターンプラン

☆リビングの既存の窓枠が見込み(奥行)20mmだったため、51mmのふかし枠で増枠し、内窓を設置可能な状態に施工いたしました。

ふかし枠で増枠
ふかし枠で増枠

防音内窓工事のご相談はECO窓ファクトリーへ

【お客様からの感想】

《以下お客様からいただいたメールです》

先日は工事をしていただきありがとうございました。

今回の工事で、仕上がりに後悔したくなかったので、自分が納得いくまで何度も金澤さんにお電話でご相談させていただき、

その度に、親身になって丁寧に対応していただき、金澤さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に想像以上に素敵な二重窓を設置していただき、インテリア性(色など)もバッチリで、

あれから防音についても何度も窓を閉めたり開けたりして確認させていただきましたが、本当に川の音がなくなり、びっくりしています。

内窓まどまどの導入事例:川の堰堤(えんてい)の防音対策

だいぶ迷いましたが、今回思い切って工事を依頼させていただいて、本当に良かったと思っております。

リビングの方では逆に、以前から気になっておりました換気口からもれる川の音が気になるようになりましたので、換気口の中に入れる防音用のスポンジをネットで購入いたしました。

せっかく二重窓を設置をし、川の音がなくなったので、この機会に徹底して防音対策をしようと思っております。

ロイヤルホームセンターで、換気口そのものが売ってましたので、この際、ごっそり新品に換える予定です。

今回の工事で、色々とこだわりが強い私の要望に答えてくださったコスペック様に、本当に心よりお礼を申し上げます。

それではアンケートに答えさせていただきます。

【お客様アンケート】

1.ECO窓ファクトリーにお問い合わせいただいた理由は?

他の業者様より、親身になって相談にのってくださり、対応の仕方も大変良く、私の希望通りにしてくださろうと努力していただけたこと。

2.電話受付&初回訪問の際のスタッフの印象は?

電話対応はもちろん丁寧で、初回訪問の際も、防音とガラスについて色々と詳しく説明していただき、本当に良かったです。

3.工事後の結果には満足されましたか?

とても丁寧・時間をかけて慎重に工事をしてくださり、大変満足しております。

4.ご友人・知人にご紹介頂けるとしたら、今回のどんなところがオススメですか?

他の業者様にはなかった、時間をかけて丁寧に親身になって相談にのっていただけること。

5.その他ご意見がございましたら、お願いします。

今回、今までずっと川の音に悩んできたので、こんなに良かったならもっと早く二重窓のことを知って工事をすればよかったと後悔しているぐらいです。

窓の商品金額としては高かったですが、日常(毎日)の静かな平穏な生活を購入したと思えば安いぐらいです。

また、窓に不具合などありましたら、ご連絡させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そしてまた何かありましたら、ぜひお世話になろうと思っております。

コスペック様に出会えたことに、本当に感謝しています。
この度は、本当にありがとうございました。

【お問い合わせから工事・入金まで】

2018年
3/16 お電話にてお問合せ
    メールで寸法と写真をいただく
3/20 概算見積もりのご案内(プラスト・インプラス・まどまどで複数のお見積もりをご案内)
3/26 現地調査
3/28 最終見積もりのご案内
3/29 お電話にて注文のご依頼
4/2 ご契約
4/4 ご入金
4/26 工事

防音内窓工事のご相談はECO窓ファクトリーへ

室内防音ドアの導入事例 京都府宇治市 A様邸

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【お客様宅の構造・設置箇所】

木造一戸建て ギター練習室

【取り付け商品・工事価格】

室内防音ドア(二重)
W709mm×H1998mm
¥198,000(税込)×2台

室内ドア施工前
室内ドア 施工前
↓
室内防音ドア(二重) 施工後
室内防音ドア(二重) 施工後
室内ドア施工前
室内ドア 施工前
↓
室内防音ドア(二重) 施工後
室内防音ドア(二重) 施工後
室内ドア(部屋外) 施工前
室内ドア(部屋外) 施工前
↓
室内防音ドア(部屋外) 施工後
室内防音ドア(部屋外) 施工後
室内ドア枠 施工前
室内ドア枠 施工前
↓
室内防音ドア枠 施工後
室内防音ドア枠 施工後

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【施工前のお悩み・問題】

趣味としてアコースティックギターを始められたそうですが、

「音が室外に漏れてご家族やご近所に迷惑にならないように、窓の防音と、室内防音ドアを2重で取り付けできますか」

というお問合せをいただきました。

【弊社からの提案意図】

元々、ドアが部屋内側に開いていたのですが、廊下側にも開くドアを取り付けるため(2重ドアのため)廊下の寸法も計算しながら、製作寸法を提案いたしました。

お見積書と一緒に納まりイメージ図を作成しご確認いただきました。

納まりイメージ図
納まりイメージ図

【お客様の感想・アンケート】

今回の防音リフォームでは大変お世話になりありがとうございました。

最終工程の天井クロス貼りも4/24に終わり、自分の部屋に戻って約2週間が経過しました。

この間にギターの練習も徐々に増え、つい先日、妻に感想を聞いたところ、

ニコニコ顔で「完全に聞こえない訳ではないけれどあまり気にならないほどの大きさになった」とのこと。

これは合格点ということだと言うことです。

正直ほっとしました。

私は自分で自分の演奏を聴くことはできないのでスマホでギターの演奏を大音量で鳴らし、廊下の先のリビングでドアを閉めて聞いてみましたが、蚊の鳴くような音でしか聞こえません。

2階の妻の部屋でも同じような効果が出ているのでしょう。

窓と室内ドア、コスペックさんにお願いしてよかったと感謝し御礼申し上げます。

ささやかですがお礼の品をお送りさせていただきました。ご笑納いただければ幸いです。

又お世話になります時はよろしくお願いいたします。

【お問い合わせから工事・入金まで】

2017.10/18 お電話にてお問合せ
  12/18 再度お電話にてお問合せ
  12/25 現地調査
2018.1/16 ご来社(防音ドアを見ていただく)
  1/27 メールにて見積書のご案内
  2/5 ご注文
  2/9 契約書発送
  2/13 弊社に契約書着・ご入金
  4/17 工事日

※壁や天井もリフォームされており、ドア工事は最終工程のため、ご契約後から工事まで少しお日にちが開きました。

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

防音内窓プラスト(施工付き)の導入事例:大阪市M様邸

【お宅の構造・設置箇所】

SRC造マンション11階 掃出し窓×2箇所

【設置商品】

施工前
施工前

↓

内窓プラスト施工後
内窓プラスト施工後

内窓プラスト施工後
内窓プラスト施工後

内窓プラスト施工後
内窓プラスト施工後

内窓プラスト+防音合わせガラス12.8mm
掃出し窓 W1,730×H1,814 同サイズ2箇所
工事総額 400,000円(税込)

防音内窓工事のご相談はECO窓ファクトリーへ

【お客様の工事の動機・ご要望】

マンションの真向かいに線路があり、ひっきりなし電車が通過する。その電車の騒音を防ぎたい。

【提案のポイント】

海外にいらっしゃるお客様から、「日本の仕事で使用しているマンションの防音対策をしたい」とのお問い合わせをいただきました。

お客様との連絡は全てメールとなり、現場確認の際はマンションの管理会社の方に立ち会っていただきました。

線路は、マンションのすぐ近くにあり、また上層階ということで音を遮るものがなく、音に関してはかなりきびしい環境でした。

そこで、気密性が一番高い内窓プラスト+防音合わせガラス12.8mmの組み合わせをご提案しました。

お客様はマンション管理人の方にも、見積りを依頼しており、そちらの内窓は一般メーカーの商品で、弊社が案内する内窓価格の半額以下とのことでした。

『納得のできる理由があれば、効果の高い方がいいと考えていますが、あまりにも価格が違うので。。。』とメールでお返事が来ました。

そこで、以下の資料と他の施工事例もご覧いただき、何がどのように違い、なぜプラスト+防音合わせ12.8mmが優れているかをご案内させていただきました。

《問合せ時にお客様にご案内した資料》

一般的な内窓とプラストの違い

一般的な内窓とプラストの違い

ガラスの遮音性能値

以上の資料をご覧いただき、後日工事のご依頼をいただきました。

【施工後のレポート】

お客様は工事の際まだ海外にいらっしゃったので、工事後に騒音計で測定したデータや動画を撮影し、工事完了報告をメールで送付させていただきました。

既存窓のみの騒音測定値
既存窓のみの騒音測定値 52.6dB

内窓プラスト設置後の騒音測定値
内窓プラスト設置後の騒音測定値 34.5dB

遮音効果は、約18dbカット
※10dB下がると人間の耳には半分に聞こえるそうです。

【お問合せ~ご注文までの流れ】

10/29 メールで見積り依頼
11/2 現場確認&採寸
11/4 メールで見積り案内
11/7 ご注文の依頼をメールでいただく
契約書類をメールで送付
11/13 契約書&契約金のご入金確認、部材発注
11/30 工事

防音内窓工事のご相談はECO窓ファクトリーへ

室内防音ドア(施工付き)の導入事例:東京都M様邸

【お宅の構造・設置箇所】

RC造マンション(築26年) 廊下のドア

【設置商品】

既存ドア施工前既存ドア施工前

↓

室内防音ドア施工後
室内防音ドア施工後

室内防音ドア+沓摺(くつずり)特注品
合計価格:¥ 208,000(税込)

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ

【お客様の要望・お困りごと】

マンションの室内でミニチュアダックスフンドを飼われており、「犬の鳴き声が外にもれないようにしたい。」とのことでした。

【提案のポイント】

《問題点》
ドア下の床のレベル(水平)が左右で5mmの差がありました。
そのまま設置するとドア本体の下に防音のためにつけてあるパッキンと床の間に隙間が生じ、音がもれることが予想されました。

《対応策》
廊下はバリアフリーで、既存ドアに沓摺(くつずり)はありませんでした。
そこに、左右の厚みが5mm違う沓摺を作成し、設置しました。

特注沓摺(くつずり)
特注沓摺(くつずり)

特注沓摺(くつずり)設置後
特注沓摺(くつずり)設置後

これで、新しい防音ドアと床の間に気密性が確保でき、遮音することができました。

【施工後のお客様の感想】

設置後、防音効果はありました。
ネットで探して、一番安く工事ができました。
本当にありがとうございました。

【お問合せ~工事まで】

5/2 電話でお問合せをいただく
→工事を希望されているドアの写真を送付いただく
5/22 現地調査
5/27 見積書をメール送付
6/1 工事依頼をいただく、契約書送付
6/7  契約書を確認、クレジットカード決済確認、部材発注
6/29  工事

室内防音ドア・引戸設置のご相談はECO窓ファクトリーへ