室内防音ドア(施工付き)の導入事例:東京都M様邸

【お宅の構造・設置箇所】

RC造マンション(築26年) 廊下のドア

【設置商品】

既存ドア施工前既存ドア施工前

↓

室内防音ドア施工後
室内防音ドア施工後

室内防音ドア+沓摺(くつずり)特注品
合計価格:¥ 170,000(税込)

【お客様の要望・お困りごと】

マンションの室内でミニチュアダックスフンドを飼われており、「犬の鳴き声が外にもれないようにしたい。」とのことでした。

【提案のポイント】

《問題点》
ドア下の床のレベル(水平)が左右で5mmの差がありました。
そのまま設置するとドア本体の下に防音のためにつけてあるパッキンと床の間に隙間が生じ、音がもれることが予想されました。

《対応策》
廊下はバリアフリーで、既存ドアに沓摺(くつずり)はありませんでした。
そこに、左右の厚みが5mm違う沓摺を作成し、設置しました。

特注沓摺(くつずり)
特注沓摺(くつずり)

特注沓摺(くつずり)設置後
特注沓摺(くつずり)設置後

これで、新しい防音ドアと床の間に気密性が確保でき、遮音することができました。

【施工後のお客様の感想】

設置後、防音効果はありました。
ネットで探して、一番安く工事ができました。
本当にありがとうございました。

【お問合せ~工事まで】

5/2 電話でお問合せをいただく
→工事を希望されているドアの写真を送付いただく
5/22 現地調査
5/27 見積書をメール送付
6/1 工事依頼をいただく、契約書送付
6/7  契約書を確認、クレジットカード決済確認、部材発注
6/29  工事